2008/05/02 「王滝村+1の森パートナー協定」を結びました






2008年5月1日、当NPO法人は、長野県木曽郡王滝村と「王滝村+1の森パートナー協定」を結びました。

当NPO代表野中ともよは、瀬戸晋村長と王滝村役場で協定書に調印しました。その後、村有林を視察し、村役場の職員から現状の説明を受けました。

この協定では、当法人が6.41ヘクタールの村有林を中心に人員や資金で森林整備を応援、王滝村が現地指導や活動の広報などを行っていきます。

当NPO法人は、いのちにとってかかせない水や空気の源である森林を守るプロジェクト「鎮守の森作戦」を展開していきます。その第一弾が、王滝村での森林整備「木曽鎮守の森作戦」です。

王滝村の森林を舞台に都市の人たちが環境に対し何か一つ行動をするきっかけを提供していきたいと考えています。

5月下旬には、東京・渋谷の忠犬ハチ公像そばの植え込みに王滝村の木を植えて、本格的な活動をスタートします。