2010/01/31 王滝村スノボツアー ~まきわり~






スノボとまきわり。妙な組み合わせかな...

でも、
レジャー、エコ、学習、スポーツ、ボランティア・・・
そんな垣根をなくして、自分ならではのやり方でガイア(地球)と向き合ってみる。
そんな思いがわたしたちにはあります。
笑って遊んで楽しんで、気づいたら「環境」にいいことをしてた...そんなイメージです!


ガイア・イニシアティブと王滝村のつながりは、がきっかけ。
山村地域と都市をつなげて、人や知恵やお金の循環をつくって元気な森をふやしていく「プラスワンの森プログラム」を展開しています。
※協定締結の様子→こちら

これまでのツアーでは間伐をしてきました。でも、数日前に降った雪の影響もあって、ガイアの森での作業はできません。
※これまでの間伐↓
第1回第2回第3回


そこで今回は、まきわり

資源の循環、エネルギーのことを体験を通して考える機会です。

それに、灯油を使うより二酸化炭素排出量は少なく、地球環境にやさしい。
王滝村では役場をはじめ、多くの家庭にまきストーブがあります。普段から山の手入れをして間伐した木材を薪として冬の暖房燃料に使っています。

まきわりは、一昔前の日本では当たり前といってもいい作業ですよね。

ほとんどの参加者にとって初めての経験。最初はなかなかうまく割れずに苦戦していましたが、慣れてくるとスパーンと薪が割れて歓声!?があがるようになりました(笑)

約1時間足らずでしたが、ストレス解消!?運動不足解消!?になったかな...

今回の薪は、「郷土料理ひだみ」のまきストーブの燃料として使われます。