2008/11/21 「ソーラーランタンプロジェクト」の第一号法人サポーターが決定




東芝プラントシステム株式会社(本社、東京都大田区)が、「ソーラーランタンプロジェクト」の第一号法人サポーターになりました。

11月21日のシンポジウム後の交流会で、同社業務部・野本氏がTERI所長パチャウリ博士から証書を贈呈されました。
 
同社は国内をはじめ、インドを含む海外における発電所等の社会インフラの構築を事業としております。
今年度から本格的にスタートしたCSR(社会貢献責任)活動として、このたび「ソーラーランタンプロジェクト」支援を申し出ました。
 
具体的には、村5つ分を支援してくださいます。
支援先の村は、これから現地のニーズなどを考慮して決定します。
※ソーラーシステム導入レポート→

 
野本氏のコメント
「当社の得意とする"社会インフラ分野"にかかわる内容で、社会貢献活動をしていきたいと考えていました。
今後も長く、このプロジェクトを支援していきたい。」